COLUMNコラム

TOP 経営戦略 「味は守らない」「福岡ナンバーワン納税者に」 日本に明太子を生んだ企業「ふくや」の5代目社長、地元のホテルや焼酎蔵元も再生する経営手腕と「博多愛」
S経営戦略

「味は守らない」「福岡ナンバーワン納税者に」 日本に明太子を生んだ企業「ふくや」の5代目社長、地元のホテルや焼酎蔵元も再生する経営手腕と「博多愛」

終戦直後、日本で初めて明太子を商品として売り出したとされる、福岡・博多の老舗明太子店「ふくや」。代表を務める5代目の川原武浩氏は、「味は守らない」のモットーや博多華丸さん主演の映画プロデュースなど「攻め」の経営を展開し、さらに地元・福岡で焼酎製造元やホテルなどの再生を次々と手がけている。その人生や事業承継、博多への深い愛を紹介する。

ふくやの成り立ち

武浩氏の祖父にあたる、ふくや創業者・川原俊夫氏は、1945年、沖縄の宮古島で終戦を迎えました。朝鮮半島から引き揚げてきた家族とともに、博多で食料品卸の会社を立ち上げたのが、ふくやの始まりです。

俊夫氏は、かつて住んでいた韓国・釜山の市場で売られていたキムチ味のたらこを思い出し、日本人の口に合うよう、10年かけて研究を重ねます。研究の甲斐あって、明太子の元祖となる「味の明太子」が完成しました。

ふくやの明太子はその後、全国で爆発的な人気を集めることに。その人気ぶりを見た周囲は特許取得を勧めますが、俊夫氏は「明太子は名物とか珍味じゃなか、ただの惣菜たい」と、それを断り、他社に明太子の作り方を教えます。

「いろんな会社がいろんな味の明太子を作った方が、結果的に明太子が広がるのではないか」――そんな思いがあったのでしょう。実際、明太子業界は1400億円の巨大市場に成長しています。

創業者の死後は妻・千鶴子が会社を引き継ぎ、2人の息子たちがそれを支えました。

創業者の夢は「福岡で一番の納税者になること」

「創業者はどんな人だったのですか」と問われた武浩氏は「理念が経営しているような人」と答えます。その背景には「戦争から無事に帰ってこられたのだから、これからは世の中の役に立つ生き方がしたい」という思いがあったのでしょう。

創業以来の理念は「社会貢献」。特に強いこだわりを見せていたのは「税金を納めること」でした。

税金を納めることが一番の社会貢献になる――その考えのもと、俊夫氏は「福岡で一番の納税者になる」という夢を掲げ、ついにはそれを実現して亡くなったのです。

武浩氏は今もその思いを尊重しており、「今後、主力商品が明太子ではなくなる可能性はあるものの、創業者の理念はずっと大切にしたい」と語ります。

創業者の教え「味は守るな」

もう一つ、創業者の教えとして受け継がれているのは「味は守るな」。環境は日々移り変わるのだから、その変化に対応することが、「おいしい」の提供につながる――そうした考えがあったのです。

実際、ふくやの主力商品である明太子の味は日々変化を遂げています。創業時に12~13%だった塩分濃度は、今や3~5%に。少ないおかずで白米をたくさん食べる文化ではなくなりつつあるため、それにあわせて味を改良しているのだと武浩氏は語ります。

ディフェンダータイプの経営者として

ふくやは、福岡をホームタウンとするサッカークラブ「アビスパ福岡」のサポーターでもあります。

元・サッカー少年であり、大のサッカーファンであるという武浩氏は、自身を「ディフェンダー(守り)タイプの経営者」だと分析します。その裏には、「自分は創業者ほどイノベーティブではないし、この会社は自分が創り上げたものではない。会社を大きく伸ばすタイプではないが、潰さない経営はできる」という、自身へのストイックな評価がありました。

とはいえ、守るだけでは勝てない。商品を変えたり、新しいことにどんどんチャレンジしたりしつつ、理念をきちんと守りながら「会社を長く続けていくこと」を考えたい――武浩氏はそう語ります。

とはいえ、創業者の思いを後の世代へ伝えていくのは簡単なことではありません。そのための手段の一つとして、創業者夫妻をモデルにしたドラマ「めんたいぴりり」を企画したのも、武浩氏の取り組みです。映画は博多華丸氏を主演に迎え、2023年夏に新作公開予定です。

「常に新しい、おもしろいことをしている会社」でいたい

缶詰の中に明太子の粒や調味液を入れた商品「めんツナかんかん」、明太子をチューブに詰めた「tubu tube」……どれもふくやの人気商品です。

ユニークな商品を続々開発する背景には、武浩氏の「ふくやを、常に新しい、おもしろいことをしている会社と認識してもらいたい」という想いがありました。

ひときわ目を引くのが、明太子の量をチェックするセンサー「ふくやIoT」。自宅の冷蔵庫に設置しておけば、明太子がなくなる前に、操作不要で新たな明太子が届く仕組みです。

ふくやIoTによって、「はじめは大切に少しずつ明太子を食べるが、賞味期限が近付くと慌ててたくさん食べる」という顧客行動が明らかに。そこから「明太子1パックあたりのボリュームが大きすぎるのではないか」という仮説が生まれ、「めんツナかんかん」や「缶明太子油漬け」などといった常温商品の開発につながりました。

演劇から経営へ

中学時代、サッカーに熱中した武浩氏は、高校生になると演劇部に入部。「いろんな人間がかかわって一つの成果を出す」というサッカーにも似た魅力を感じ、夢中になります。

上京して國學院大學を卒業すると、演劇の世界で生きていきたいと考え、ロンドンで芝居の勉強を始めました。当時は「実家を継ぐなんて、まったく考えていなかった」そうで、お父様とも話がついていたそうです。

イギリスから帰国後、1998年に九州最大級の演劇専用劇場「博多座」に入社。当時、ちょうど博多座がオープンするタイミングで、「地元で演劇の仕事ができる」と飛びついたといいます。

ところが2004年には「招集された」形でふくやに入社。武浩氏いわく、サッカーに例えると「試合に出られるとは決まっていないが、とりあえず戻ってこいと言われた」状態だったそう。

経営者になるためのスパルタ教育

武浩氏は経営コンサルタントのもとで2年間、経営者になるための修行をすることとなります。

修行の2年間を無事に終えると、いきなり「子会社を任せるから黒字化してこい」という指令が下ります。

そこで任されたのが、ホテルと福岡最大級のホールの複合施設「福岡サンパレス(※当時の名称)」。元々は第三セクターの経営でしたが福岡市から毎年多額の補助金注入は必要なほど経営状況が芳しくなく、ふくやが経営を引き受けることになったのでした。

赤字企業をわずか2年で再建

赤字だった福岡サンパレスを、武浩氏は社長就任2年目で黒字化します。取り組みは主に3本の柱で進められました。

1. “一人二役”でマルチタスクを行うこと
2. どの事業が黒字でどの事業が赤字なのかを突き止めること
3. ホテル事業を強化すること


武浩氏が「とんち」と評するのが、3つ目の「ホテル事業の強化」です。事業構造を分解してみると、ホテルが事業の柱になっていることがわかりました。

しかし施設の名称は「福岡サンパレス」で、ホテルの認知度は高くありません。

そこで施設名を「福岡サンパレス」から「福岡サンパレス ホテル&ホール」に変更。コンサートの主催者にも、イベント宣伝時に「福岡サンパレス ホテル&ホール」と呼んでもらうことにしました。
これが大きな広告効果を生み出し、ホテルの認知が拡大していったのです。

さらに武浩氏は、攻めの経営に打って出ます。歓楽街・中洲に、ホテル直営のケーキショップ「ホテルパティスリー ufu」を出店。深夜営業を行うほか、長さ55.5センチの「博多 中洲ロール」をはじめとした、パーティーや差し入れを意識した品ぞろえが強みです。

地元企業を経営支援する思い

2017年にふくや本体の社長に就任した武浩氏は、持ち株会社「株式会社かわとし」を設立します。傘下にあるグループ会社のおよそ半数は、経営状態が芳しくない地元企業を買収したもの。

福岡名産で有名なごま焼酎の「紅乙女酒造」では、経営の立て直しとともに、新商品の開発を後押し。博多を代表する菓子店「石村萬盛堂」も、支援を受ける会社のひとつです。明治時代から続き、山笠の舞台でもある老舗企業を潰してはならないと、武浩氏が自ら経営のトップに就きました。

地元企業を支援するのは「会社や商品がなくなったとき、周辺のお客様が悲しむから」。創業者の「社会貢献」という理念を色濃く継いだ選択だと言えるでしょう。

また「福岡は元気な街であると言い続けたいから」とも武浩氏は語ります。独特の商品を売り出している焼酎蔵や、地元の老舗のお菓子屋さんが潰れてしまったら、「福岡=元気」というイメージが薄れてしまう。福岡のブランドを維持するために、できることはやっていこう――それが武浩氏の想いです。

武浩氏の考える、6代目への事業承継

武浩氏は社長に就任して早々、「次の社長は創業家からは出さない」と宣言しました。

とはいえ、経営者として経験を積んだ今、その難しさをひしひしと感じているそう。それは、プロパーから社長を出したり、プロ経営者に会社を任せたりするにしても、きちんと体制を作っておかなければならないからです。

「(経営は)パッと渡してうまくいくものでもない。譲ってみて失敗したら再登板という緊急時の選択肢も残すためことを考えると時間が足りない」と語ります。

まとめ

5代目社長として挑戦を続けながら、自社のみならず、地元・福岡のことを想いながら社会貢献に取り組む武浩氏。初代がつくりあげ、先代から引き継いだ会社のエッセンスを守りつつ、挑戦を怠らない――。長く愛され続ける会社のお手本として、ぜひ注目していただきたい事例です。

記事本編とは異なる特別インタビュー動画をご覧いただけます

FacebookTwitterLine

賢者の選択サクセッション編集部

日本の社会課題である事業承継問題を解決するため、ビジネスを創り・受け継ぐ立場の事例から「事業創継」の在り方を探る事業承継総合メディア「賢者の選択サクセッション」。事業創継を成し遂げた“賢者”と共に考えるテレビ番組「賢者の選択サクセッション」も放送中。

記事一覧ページへ戻る