ARTICLE記事一覧

TOP 記事一覧

440件

H人事戦略

HUMAN RESOURCE MANAGEMENTnew

2024年の倒産件数、11年ぶり大台突破確実か/コロナ禍の手厚い保護「ゼロゼロ融資」の返済ピーク、中小企業に大打撃

2024.02.22

2024年、中小企業の倒産が11年ぶりに1万件を超える高水準になるとみられている。20年~22年の新型コロナ禍では、実質無利子・無担保の「ゼロゼロ融資」などにより、倒産件数は抑えられていたが、返済期限が迫り倒産を選択する企業が増えていくとみられる。日経ダウ平均株価は史上最高値に迫る勢いで推移するが、日本企業の99%を占める中小企業には厳しい1年になりそうだ。

S経営戦略

STRATEGY

「オーナーがパソコン分からない」から社員も使わない?/人気とんかつ店、会社ルールを刷新して成長~井筒まい泉【後編】

2024.02.20

「とんかつ」「かつサンド」の代表的ブランド「井筒まい泉」(東京都渋谷区)は、専業主婦が立ち上げた人気とんかつ店でしたが、2008年にサントリーがM&Aで買収しました。社長に就任したサントリー出身の岡本猛氏は、オーナーに支配された「家業」から「企業」に会社を成長させていきます。人事制度の刷新などで従業員のやる気と信頼を生み出し、売上げを大幅に伸ばした「事業承継」から成功の秘訣を紹介します。

S経営戦略

STRATEGY

タカラジェンヌも愛した、街のとんかつ店の「かつサンド」/パン粉の付け方も知らない大手企業が買収、従業員の不安をどう払しょく~井筒まい泉【前編】

2024.02.20

カツサンドやとんかつの代表ブランド「井筒まい泉」(東京都渋谷区)。専業主婦が一念発起して立ち上げた「街のとんかつ屋」を、2008年にM&Aで受け継いだのは、ビール大手「サントリー」でした。会社を引き継いで社長に就任し、売上70億円を120億円超にまで伸ばしたのは、サントリー出身の岡本猛氏。大企業によるM&A買収に伴う課題を乗りこえ、「家業」を「企業」へと成長させた事業承継の舞台裏を聞きました。

I新規事業

INNOVATION

中学生もエントリー?会社の明日を担う事業承継者の「アトツギ甲子園」 新規事業アイデアを競う決勝大会、まもなく開催

2024.02.20

中小企業の後継者が、自社の強みを生かした新規事業のアイデアを競い合う「アトツギ甲子園」(中小企業庁主催)の地方予選が、全国各地で開催されている。3月8日に開かれる決勝大会で、イノベーターたちが熱い思いを訴える。

S経営戦略

STRATEGY

「お酒と煎餅で」銀座のサードプレイスを目指すバンドマン社長/創業220年の煎餅店、明治時代も「夜な夜な街の爺婆を集めて…」~松﨑商店【後編】

2024.02.19

東京・銀座に創業220年を迎えた煎餅屋「松﨑商店」。8代目の松﨑宗平代表取締役社長は、就任直後に脳梗塞に倒れながらも、コロナ禍真っ最中に本店を移転したり、イートインスペースを設けたりするなど、大胆な仕掛けを続ける。松﨑社長が銀座で目指す将来像と、明治時代から続く「商いのDNA」に迫った。

S経営戦略

STRATEGY

「おじいちゃん、おばあちゃんのお菓子」じゃない!脳梗塞を乗り越えた8代目が挑む「煎餅のシズル感」 銀座で220年、老舗が手がける煎餅の再構築とは~松﨑商店【前編】

2024.02.18

東京・銀座に創業220年を迎えた煎餅屋がある。関東大震災や東京大空襲を乗り越えた老舗を2018年に継いだのは、8代目の松﨑宗平代表取締役社長だ。就任直後に脳梗塞に倒れながらも、コロナ禍真っ最中に本店を移転したり、イートインスペースを設けたりするなど、大胆な仕掛けを続ける。「おじいちゃん、おばあちゃんのお菓子」を脱却し、「煎餅を再定義し、再構築する」と唱える松﨑社長の「商いのDNA」にインタビューで迫った。

S経営戦略

STRATEGY

【第23回放送】千代むすび酒造株式会社の事業承継(本編)

2024.02.18

本日のゲストは、鳥取県境港市にある創業約160年の老舗酒造メーカー、千代むすび酒造株式会社の岡空 聡氏と岡空 拓己氏。伝統の日本酒はもちろん、シャンパンと同じ製法の新しい日本酒を生み出すなど、多品種の商品を世界25ヵ国にも輸出し、先進的な経営で知られている鳥取県を代表する酒蔵だ。
聡氏は、創業家である岡空家の長女と結婚し婿養子に入り、6代目として活躍している。そして今、最も力を入れているのが、海外向けのウイスキーの醸造だ。これを牽引しているのが、創業家の三女と結婚した拓己氏だ。実は、お二人とも元銀行員で、その経験から入社後に変えていったことがあると言うが?入社を決めた思いや、日本の文化を世界に発信していくために取り組んでいることもお話頂いた。

S経営戦略

STRATEGY

「言いたい放題の人は責任を取りません」/コロナ禍にフルーツバーや配膳ロボット、銀座の老舗レストランの挑戦~三笠会館の事業承継【後編】

2024.02.15

鶏の唐揚げを初めてメニューに載せたとされる銀座の老舗レストラン「三笠会館」(東京都中央区)。1925(大正14)年に氷水屋として歌舞伎座前で産声をあげ、2年後に食堂へ転身。現在4代目の谷辰哉代表取締役社長は、東日本大震災やコロナ禍という様々な荒波に直面したが、フルーツバーや配膳ロボットなど多様なアイデアを生み出し、乗り越えてきた。2025年に創業100周年を迎える三笠会館が、次に志す道を聞いた。

S経営戦略

STRATEGY

日本で初めて「鶏の唐揚げ」を出したレストラン/「料理は科学」3男社長、大震災で知った客の支え~三笠会館の事業承継【前編】

2024.02.15

漫画家の手塚治虫など、名だたる著名人に愛されてきた銀座の老舗レストラン「三笠会館」。1925年に氷水屋として歌舞伎座前で産声をあげ、2年後に食堂へ転身。鶏の唐揚げを初めてメニューに載せたといわれ、以後も和洋中の多様なレストランを自社ビルの各階に擁した「多業態展開」に乗り出すなど、革新的なアイディアで耳目を集めてきた。現在4代目を務める谷辰哉代表取締役社長に、創業家の三男として生まれ、実際に事業を承継するまでの道程について話を聞いた。

I新規事業

INNOVATION

ジェンダーレス子供服、メンタルヘルス専門のSNS/斬新な新規事業のアイデアは、海外にあり?

2024.02.14

事業承継後のスタートアップ(新規事業立ち上げ)が注目されている。アイデアが最も重要だが、なかなか思いつかない。世界各国では、どのような新規事業が成功をおさめているのか。日本にはない斬新なアイデアで成功した6社を紹介する。