S経営戦略STRATEGY

Pick UP

大会社が事業承継するときの3つのポイント

事業承継は、どんな会社にとっても一大イベントです。大会社であればなおのこと。多くの従業員や取引先の生活がかかっていますから、失敗は決して許されません。本記事では、大会社が事業承継をするときのポイントなどを紹介します。

詳しくみる

F財務戦略FINANCE

Pick UP

事業承継における不動産保有の節税効果

事業承継で引き継ぐ経営資源は、「ヒト」「モノ」「カネ」の3つといわれています。「ヒト」とは従業員や取引先など、「モノ」とは事務所といった不動産や設備など、「カネ」とは財産権や株式などです。このなかでも金額の大きさや相続税対策などの観点から特に重要とされるのが、不動産です。

詳しくみる

S経営戦略STRATEGY

Pick UP

【第1回放送】株式会社ジャパネットホールディングスの事業承継(本編)

大胆な経営手腕が注目されるジャパネット二代目、髙田旭人社長。若き二代目が目指したのは、カリスマ経営からの脱却だった。父との対立を乗り越え、ジャパネットは先代を超える大躍進を続け、2021年には過去最高、2500億円もの売上を叩き出した。現在も快進撃を続ける、その秘密とは?

詳しくみる
Scroll
S経営戦略

ロゴマークは「会社の顔」、事業承継の時こそ効果あり/篠塚正典インタビュー

2023.01.23

会社は変わり続けないと生き残れない。時代に合わせてビジョン、ミッションを見直す所以だ。社長が交代する事業承継はまさにその好機。日米でCI(コーポレート・アイデンティティー)、企業のブランディングで多くのロゴマークのデザインしてきたイデア クレント代表取締役の篠塚正典さんは、ロゴマークを「会社の顔」だという。その「デザインの力」が果たす役割について聞いた。

S経営戦略

父との「阿吽の呼吸」でスムーズに承継!三代目社長が事業承継を成功させた仕組みに迫る/大村浩一インタビュー#1

2023.01.17

おむつにベビーカー、衣料品までそろう、子育て世代の味方「西松屋」。店舗数は1000を超え、2022年2月期の決算では過去最高益を記録しました。そんな西松屋を率いるのは、三代目の大村浩一(こういち)氏です。2020年、32歳の若さで父から事業を引き継ぎました。成功の裏には、先代が1年半かけて行った、“社長育成”プロジェクトがありました。本記事では、三代目社長が事業承継を成功させた仕組みを解説します。

S経営戦略

「二代目×息子」が感じた、事業承継の難しさ ――父との対立を乗り越えた先にあるもの/髙田旭人インタビュー

2023.01.12

誰もが知る「ジャパネットたかた」。その経営をカリスマ創業者である実父・髙田明氏から引き継ぎ、売上をどんどん拡大させているのが、2代目の髙田旭人(あきと)氏です。旭人氏はなぜ事業承継を成功させることができたのか――。本記事では、その秘訣を解説します。

ARTICLE記事一覧

S経営戦略

STRATEGYnew

意外と知らない! 事業承継における「弁護士」の役割とは?

2023.02.06

S経営戦略

STRATEGY

中小企業における事業承継の注意点とは?

2023.02.03

I新規事業

INNOVATION

事業承継とM&Aの違いとは?

2023.02.02

S経営戦略

STRATEGY

「事業承継診断」でやるべき準備を把握しよう!

2023.02.01

F財務戦略

FINANCE

借入を後継者に引き継ぎたくない……。知っておくべき「借入金対策」とは?

2023.01.31

F財務戦略

FINANCE

事業承継税制の適用期間中に、贈与者が死亡したらどうなる? 

2023.01.30

もっと見る

フォローして最新記事をチェック