ARTICLE記事一覧

TOP 記事一覧

518件

S経営戦略

STRATEGY

事業承継での相続税が免除になる!事業承継税制の要件とメリット・デメリットについて解説

2023.09.11

事業承継を検討されているオーナーの中で、贈与税や相続税など税負担を懸念している方は多いのではないでしょうか。2018年の事業承継税制改正により、優遇措置が拡大した「特例措置」が開始されました。この特例措置は、10年間の時限措置ではありますが、節税対策効果が大きく、事業承継を行う際に利用したい支援です。この記事では、事業承継税制の要件やメリット・デメリットを解説します。

I新規事業

INNOVATION

新規事業のアイデアを解説! 国内外の具体例もご紹介

2023.09.08

新規事業を成功させてさらなる成長を目指したい方は多いでしょう。今回は国内外で成功した新規事業のアイデアの例をご紹介します。

I新規事業

INNOVATION

新規事業の狙い目はどうやって探す? 見つけ方と成功事例を解説

2023.09.07

新規事業を始めたくても、失敗しないためにはどこに狙いをつければよいのか、悩む人も多いのではないでしょうか。今回は、新規事業の狙い目の見つけ方、成功事例を解説します。

I新規事業

INNOVATION

新規事業開発にコンサルティングは必要? メリットとデメリットをそれぞれ解説

2023.09.05

新規事業の創出を視野に入れている企業・経営者にとって、コンサルティング会社を活用することも方法の一つです。コンサルティング業務を委託すると、どのようなサービスを提供してくれるのでしょうか。新規事業開発をするにあたり、コンサルティング会社への依頼を考えている人向けに、コンサルティング会社の業務内容や顧問を入れるメリット・デメリット、コンサルティング会社の選び方についてご紹介します。

S経営戦略

STRATEGY

事業承継をピンチからチャンスに。企業型DCを導入することで社内に「自立」した人材が育ち、強い組織に変わる/奥野一成インタビュー

2023.09.04

「売らなくていい会社の株しか買わない」――独自の投資哲学に基づく運用で知られる投資家、奥野一成氏は、日本における「長期厳選投資」のパイオニアである。その奥野氏が近年、力を注いでいるのが企業型確定拠出年金(企業型DC)だ。企業型DCは中小企業の事業承継を成功に導く処方箋になるという奥野氏に、なぜ私的な年金資産の運用制度が事業承継に役立つのか、企業型DCの知られざる効果と可能性について聞いた。

I新規事業

INNOVATION

新規事業が思いつかない! そんな時の対処法・発想法について解説

2023.09.01

新規事業を成功させてさらなる成長を目指したいですが、新規事業のアイデアはなかなか浮かばないことも多いものです。今回は、新規事業案を思いつかない時の対処法・やるべきこと・発想法・考え方について、同じ経験をした人の事例を交えつつ解説します。

S経営戦略

STRATEGY

【The Succession】第5回_三菱鉛筆株式会社

2023.08.31

第5回はuniシリーズの鉛筆やジェットストリームなど数々のヒット商品を製造する老舗筆記具メーカーの三菱鉛筆株式会社。六代目の数原滋彦氏は先代・父からの「継げると思うな」と言われながらバトンタッチし昨年度は過去最高の事業売り上げを記録した。事業承継成功の裏側にあった新しいスタイルのリーダーシップとは。

I新規事業

INNOVATION

新規事業開発を成功に導くための流れと押さえるべきポイント

2023.08.31

事業承継を考える人、特に後継者にとって切っても切り離せないものが新規事業開発。とはいえ、一から事業を立ち上げるためには、徹底した準備やノウハウが必要とされます。「新規事業の開発を考えているけれど、何から始めればよいかわからない」という人に向けて、新規事業開発の概要から流れ、成功のためのポイントと成功事例を紹介します。

I新規事業

INNOVATION

新規事業に役立つフレームワークとは? 新規事業立ち上げのポイントも解説

2023.08.29

ビジネスの場面で物事を分析したりアイディアを整理する時、フレームワークという手法を活用しますが、これは新規事業を立案する際にも有効です。新規事業に役立つフレームワークにはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、新規事業を立ち上げる際のメリットや、活用できるフレームワークを紹介します。

S経営戦略

STRATEGY

【第16回放送】チロルチョコ株式会社の事業承継(本編)

2023.08.27

今回のゲストは、チロルチョコ株式会社 四代目社長の松尾 裕二氏。幅広い世代に愛されているチロルチョコを2017年、30歳という若さで父から引き継ぐ。社長就任時に行った社員の満足度調査では、想像を遥かに超える悪い結果にショックを受けたという。そこで、まずは人事評価制度を設置し、待遇改善に取り組み社内改革を進めた。裕二氏が掲げるビジョンは、日本のチロルチョコからアジアのチロルチョコへ。ロックでカリスマ経営者の父から会社を引き継いだ後継者の苦悩と努力とは?